ブログ

壁掛けTV

壁掛けTVはいかがですか?床面にTVボードをおく必要が無く、お掃除ロボットの邪魔になりませんし、すっきりします。左右に大きく振れるタイプもありますので、TVの向きを自由に動かせるので、便利です。施工の際にはコンセントとケーブルがちゃんと隠れるようにするのと、結構な過重がかかるので、下地を施工しておく必要があります。

img_0407 img_0398 img_0406 img_0408

LINEで送る

壁面の意匠造作

通常壁面はクロスや、珪藻土、エコカラットなんかが多いですね。木製で凹凸間を出したこんな壁面意匠はいかがですか?

img_0415 img_0414 img_0395 img_0394

LINEで送る

オールステンレスキッチンですが、価格は安いです。サンワカンパニー製。

ミニサイズのステンレスキッチンです。オールステンレスなので、お手入れは楽チンです。某事務所の一角です。キッチン以外の収納や棚板は店舗用や実験器具用の製品で、通常はこんな使い方はしませんが、ちょうどいい感じになったと思いますが、いかがでしょうか?床にはタイル。壁面にはフロアタイルを施工し、ステンレスのシルバーとの相性を考えました。清潔な感じになりました。センターテーブルも実験用に使うものですが、可動出来るので、使い勝手は上々です。システムキッチンに飽きてきた方、個性的なキッチンが好きな方にはおすすめです。壁付けキッチンかカウンターキッチンか、アイランドかそれ以外にもライフスタイルに合わせて自由に発想していきたいですね。

img_0390 img_0388 img_0393

LINEで送る

明石公園近くで雑貨屋さんがオープンします!(当社にてリフォームをさせて頂きました)

明石公園すぐ近く、ホームセンターダイキさんのすぐ南で新しく、雑貨屋さんがオープン致します。弊社にてリフォームをさせていただきました。ハンドメイド雑貨と生活雑貨、家具なんかも扱っていらっしゃるようです。とてもおしゃれで品揃えもいい感じでした!!チラシと写真を頂いたので宣伝させて頂きます!!

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%ef%bd%82%ef%bd%8c%ef%bd%85%ef%bd%93%ef%bd%93%ef%bd%85%ef%bd%84%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9c%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%b1%e7%b4%80
%e3%83%95%e3%83%ab-%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%86%99%e7%9c%9f %e3%83%95%e3%83%ab-%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%86%99%e7%9c%9f2
とってもおしゃれで良い感じです~!!

 

ちなみに弊社がリフォームさせて頂く前のビフォア写真はこんな感じでした↓

同じ店とは思えないですよね?

店舗リフォームもお任せ下さい!!

cimg4786 cimg4791

LINEで送る

自分に判断能力がなくなった場合の不動産ってどうなるの? 明石 不動産売買 バリューホームズ

20181022%e6%88%90%e5%b9%b4%e5%be%8c%e8%a6%8b%e4%ba%ba%e5%88%b6%e5%ba%a6
明石で不動産の売買の検討はバリューホームズへ

成年後見制度とは

認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不自由な方々が、

不動産や預貯金などの財産を管理したり、遺産分割協議等をする必要がある場合に、

自ら行うことは難しい場合や、不利益な契約を結んでしまう危険性から保護し、支援する制度です。

成年後見制度には、大きく、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。

法定後見制度では、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等が本人の利益を考えながら、

本人を代理して契約等の法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意したり、

本人が同意を得ないでした不不利益な法律行為を後から取り消すことが出来ます。

一方、任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、

あらかじめ自らが選んだ代理人に代理権を与える契約を公正証書で結んでおくものです。

不動産の売却・賃貸等を行う場合には、所有者本人の意思表示が必要となります。

したがって、既に本人に判断能力がない場合に本人所有の不動産の売却を行うためには、

法定後見制度を利用する事になります。

ただし、その場合には、成年後見人は家庭裁判所が選任することになるため、

慎重な考え方をする成年後見人が選ばれると、資産の売却に否定的な判断をすることもあり、

成年後見制度を利用しても売買が実現しない危険性も否めません。

また、成年後見人が本人が住んでいる土地や建物を売却する場合には、

家庭裁判所の許可が必要となる点も注意が必要です。

判断能力があるうちに資産を売却しておくなど、事前に出来る事は進めておいた方が良いと思います。

また、最近ではエンディングノートをつける方も増えているそうです。

これは突然自分自身に何かがあった場合に、家族や周りの人に預貯金や保険の詳細、

または最後に伝えておきたい人へのメッセージなどを残すノートです。

まだ自分はそんな年齢ではないと思っていても、いつ何があるかわかりません。

本屋さんでも販売してますので、ご興味があったらご覧になってみてください。

LINEで送る

1 / 1512345...10...最後 »

▲TOPへ